アラキ工務店

  • ホーム
    お問い合わせ

こまはむニュース

2016-11-19

新築103 竣工13 ウッドデッキ

 奥様の最も望んでられた、明るく開放的なキッチンです。

R0018947 その先に見えているのは

R0018930 そうです。ウッドデッキです。季節の良いときにはリビングの延長として、広々と使って頂くことができます。窓の外に少し余裕のスペースがあると気分的にゆったりしますね。そこに植栽が風に揺られているとさらに穏やかですね~。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

2016-11-12

新築102 竣工12 寝室

 寝室です。

Rimg5927  正面の壁は色を変えてアクセント壁としました。窓はベットの高さに合せて、携帯や小物が置けるような高さ設定としました。お子様がまだ小さいので、外へは面格子を取付ています。

以前もご紹介したと思いますが、幅木の色も変えてもらいました。幅木はEPではなく汚れ難いウレタンにしていますので、2度手間になってしまいますが、この努力も数年後に報われる時がくると信じております。

R00188751  スポットライトがシブイです!山田照明です。寝室は欧州などのホテルのイメージで、壁付の照明のみとしてみました。電球色で照らすEP塗装はやっぱり質感が際立ちますね~。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

2016-11-10

ブログ引越しについて

この度、eoblogが終了することに伴いまして下記サイトへ引越しすることになりました。

http://kastaa.exblog.jp/

引き続きご愛顧のほど宜しくお願い致します。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

2016-11-05

新築101 竣工11 子供室

 子供室です。

Rimg5956  今は一部屋ですが、将来的に二室に分けられるよう、出入り口と収納はそれぞれ2箇所ずつ計画しました。ただその時に、片方のお部屋は、窓はあるのですがお隣りさんが近接していて採光が入り難いお部屋になってしまいます。そこで、天窓を設けて薄暗いお部屋にならないよう配慮しました。

Rimg5964  部屋内から直接窓を見えるようにしようと思うと、天井からの煙突部分が深くなり過ぎるので、アクリル板を貼って天井面から採光することにしました。空気層ができることにより断熱効果も期待できると思います。枠はアルミ製のミニマムな材料を利用し、EP塗りの天井を切り抜いたようなシャープなデザインとしました。

Rimg5965  子供室入口です。入口の建具は引込み式になっているのですが、お子様が指を挟まないよう、建具は引手を残して止まるようにしました。写真の左側に見えているのが、建具の框兼引き手です。どの高さでも開閉できるので機能的にも優れています。もちろんお気に入りのデザインです。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

2016-10-29

新築100 竣工10 勉強コーナー2

 やりました~。新築ブログ100回目です!といってもまだもう少し続きますので、お付き合い宜しくお願い致します。

 前回に引き続きホール兼、勉強コーナーの本棚です。こちらは予想以上に良い空間となったので沢山ご覧頂きたいのです!

Rimg5974  こちらもカウンター同様に、タモ集成材とシナベニヤです。背面のペンキとちょうどょうど良いバランスではないでしょうか。

Rimg5952  お気に入りの一枚です。階段を上がったすぐ横の窓と壁付のライトです。大きい壁の中に小さい窓がある、控えめな感じが印象的です。

そこから廻り込むと勉強コーナーに本棚、そして各居室へと繋がっていきます。1Fも同様に、玄関からリビングとダイニングの間を抜けて階段へというように、今回の計画では、できるだけ建物全体を歩いて目的の場所へ辿り着くような動線としました。

もちろん、建物がコンパクトなので、建物に奥行を出したいという思いはあったのですが、それとは別に、敢えて動線を長くゆったりとることによって、家族との触れ合いを大切にして頂けるような建物になれば、という思いからの配置計画となりました。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

2016-10-22

新築99 竣工9 勉強コーナー

 2Fのホール兼、勉強コーナーです。

Rimg5942  1Fとの繋がりを感じられる第二のリビングです。勾配天井の開放感と天窓からの採光の気持ちよさ、なんとも居心地の良いスペースになりました。梯子受け金物がかっこ良いです(笑)。

Rimg5945  タモ集成材とシナベニヤで造ったカウンターも綺麗に納まっています。特別な材料を使わなくてもこんなに素敵な造り付家具が造作工事で出来上がります!この造作工事というのが味噌なのです。

このカウンターを家具工事で造ると、とんでもない値段になるのですが、大工工事の一環とすれば材料費と手間という単純な計算でお値段が算出でき、余分な経費が掛かりません。意外に現実的な予算となります。もちろん家具工事でしかできない特殊な加工はできませんが、こういったカウンターや背面の本棚のようなシンプルな造りの家具であれば、器用な大工さんなら十分現場で納めてもらうことができます。真庭さん、ありがとう~!

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

2016-10-15

新築98 竣工8 階段

 階段です。

Rimg5955  階段から見る正面の、機能的でありながらデザイン的でもある窓がとても感じ良いです。冬場の南面からの良好な光を1FのLDKへ採り込んでくれます。窓すぐ下の斜めに入った火打梁をどうにかして隠したかったのですが、小細工をしても逆に目立ってしまうので、潔く普通に化粧で設置しました。いつもこの存在を邪魔に思い、なんとか無くせないかと考えるのですが、構造が弱くなってはいけませんので、結局は写真のように居座ることになります。

R0018918_2  この吹き抜けがあることによって、LDKの天井高さを低く抑えたことも全く気にならないですし、この低いところからの抜ける感じが逆に開放感を演出しているのではないかと思います。空調の問題など諸問題はありますが、お部屋の高さや間取りにアクセントや個性をもたすことによって、日常の中に特別感が得られ、楽しい空間が生まれるのではないかと考えております。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

2016-10-08

新築97 竣工7 ブランコ

 リビングからのキッチンです。

R0019032  リビングとキッチンで色合いが違って見えるのは、照明器具の影響です。キッチンだけは食材の鮮度がはっきり分かるよう昼白色にしておりますので、少し色合いが違って見えます。

 階段手前の謎のロープは何でしょう?

Rimg6044  ジャジャーン。ブランコです!大工工事の最終日に、大工さんとお客様とで話が盛り上がってしまい、急遽ホームセンターにロープを買いに走りました。板は工場長に余っている杉板を用意してもらいました。ご主人はこのスペースにソファーを置いてゆったりくつろぎたかったそうですが、当面はお子様の遊びスペースになりそうですね(笑)。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

2016-10-01

新築96 竣工6 キッチン

 LDK入口です。

Rimg6000_2  中途半端な高さに飾り棚とコンセントがあるように思いますが、その下へお客様お気に入りの収納棚を配置される設定となっております。キッチンとリビングの入口なので、それぞれ帰って来たときに、さっと小物を置けるイメージです。コンセントはオーディオを聴くためで、開放的なLDKで音楽を聴きながらの生活を夢見てられたそうです。

 キッチンです!

R0019006  引出に食洗器に側面の可動棚とコンセント。それぞれ使い勝手を考えつつデザインもなかなかのものです!

 反対面です。

R0018939_2  こちらの側面には引き出し3段と照明スイッチを設置しました。正面にはテーブルを置くので収納は無く、ホットプレートなどに使えるコンセントのみとしました。

背面のシステムキッチンは面材を白色とし、アイランドキッチンとケンカしない控え目なデザインとしました。そのまた奥の食器棚もシステムキッチン合せです。キッチン廻りは何度も書いておりますが、各配置の設定が本当に難しかったので、納得できる納まりとなってほっと一安心です(笑)。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

2016-09-24

新築95 竣工5 LDK

LDKです!

Rimg6041_2  キッチンの配置、窓、耐力壁のバランス、特注のアイランドキッチン等など、一つずつ丁寧に検討を重ね決定していった、最も時間を費やしたお部屋です。このお部屋の空気感を全体に拡げていったと言っても過言ではありません。色んな思いが、各アングルごとに蘇ってきます(笑)。

R00188882_2  アクセント壁です。向かって右側にはちょっとした収納家具を設けました。その下には、当面はお子様のおもちゃ置場になるそうですが、将来的にはピアノを置かれるそうです。そのまた後にはTV台をと、お子様の年齢や使い方の変化に応じて長く使って頂けるようご提案させて頂きました。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。